2016/11/01

System Center 2016: DPM の新しいバックアップ記憶域 (Modern Backup Storage) と既知の制約

System Center 2016 Data Protection Manager (以下、DPM 2016) を Windows Server 2016 にセットアップして、バックアップを構成しようとすると、次のようなエラーに遭遇するかもしれません。特に、System Center 2012 R2 以前の DPM  を使ってきた人がいつものようにセットアップするとです。
データ ソース E:\ に十分な空き領域を備えたディスク記憶域が見つかりませんでした。

ディスク記憶域の少なくとも 1 つで、種類が ボリューム のデータ ソースの保護が許可されており、かつ十分な空き領域があることを確認してください。このほか、このデータ ソースに対して十分な空き領域を備えたディスク記憶域を手動で指定することもできます。

ID: 33510
これまでの DPM は、バックアップ用のディスクとして未使用のディスクを追加 (ダイナミック ディスクとして構成されて DPM で管理されます) していたと思うのですが、DPM 2016 ではボリュームを追加 (ReFS で再フォーマットされます) できるようになりました。この新しいタイプのバックアップ記憶域は"Modern Backup Storage (MBS) "と呼ばれる DPM 2016 の新機能であり、50%の記憶域の節約、3 倍高速なバックアップ、バックアップ対象に応じて記憶域を自動的に割り当てる (Workload-aware Storage) といった利点があるそうです。

DPM 2016 にはどちらのタイプも追加できるのですが...



Windows Server 2016 の場合、ディスク タイプの記憶域は利用可能なバックアップ記憶域として見えません。ディスク タイプの記憶域しかない追加していない場合は、冒頭の ID: 33510 エラーが発生して、あれれっ、どうしてっ、てことになります。


製品のバグ? それとも環境依存の問題? と思い、英語版にしてみたり試行錯誤していたんですが、DPM のフォーラムに同様の報告を複数確認しました。

以下のやり取りを見ると、Windows Server 2016 上の DPM 2016 は Modern Backup Storage のみをサポートするみたいです。 DPM 2016 は Windows Server 2012/2012 R2 にインストールすることもできますが、ディスク タイプの記憶域はそちらで利用できるんだと思います(未確認)。

DPM 2016 Could not find a suitable storage with enough free space ID: 33510
[URL] https://social.technet.microsoft.com/Forums/en-US/c70ccc41-61e9-4f7f-a49d-a870aa58c2af/dpm-2016-could-not-find-a-suitable-storage-with-enough-free-space-id-33510?forum=dpmstorage

DPM 2016 running on a Windows 2016 server only support the new DPM Modern Storage feature which uses ReFs formatted volumes instead of disks.  The volume(s) must not reside on a Windows Dynamic Disks, just a basic disk which should be GPT if the disk is 2TB or larger.  Add the volume(s) to the DPM storage pool, then protection can succeed.

Modern Backup Storage について詳しくは...


Introducing DPM 2016 Modern Backup Storage
[URL] https://blogs.technet.microsoft.com/dpm/2016/10/19/introducing-dpm-2016-modern-backup-storage/

Modern Backup Storage の追加方法は以下のドキュメントに書いています。このドキュメントの手順は記憶域スペースを使っていますが、普通にディスクを初期化し、適当な形式(あとで ReFS にされるので) のボリュームを作成して追加しても大丈夫。記憶域スペースを使うと、後でディスクを記憶域プールに追加していくことでバックアップ記憶域を拡張できることと、複数ディスクで Simple ストレージを構成することで、スピンドル数を増やして高速化できることとかでしょうか。

 Add Storage to DPM 2016
[URL] https://technet.microsoft.com/en-us/system-center-docs/dpm/get-started/add-storage

2 台のディスクを記憶域スペースで準備する手順はこんな感じ。

記憶域プールを作成します。


記憶域プールに仮想ディスクをディスク レイアウト Simple、割り当てサイズ最小(あとで追加できるように見かけ上のサイズを指定) で作成します。


仮想ディスクを作成したら、そこにボリュームを作成します。ファイル システムは適当で (あとで ReFSにされるので)、ドライブ文字を割り当てます。

DPM のディスク記憶域にボリュームを追加します。

おしまい。ボリュームは同じドライブ文字にマウントされたままで、アクセス許可のない秘密のフォルダーが作成されています。

複数のボリュームを追加して、バックアップ対象に応じた使い分けをするには Update-DPMDiskStorage コマンドレットを利用して、データソースタイプ (-DatasourceType) を指定するんだそうです。

PS C:\> Get-Help Update-DPMDiskStorage -full
...

構文

Update-DPMDiskStorage [-Volume] <Volume> [[-FriendlyName] <String>] [[-DatasourceType] <VolumeTag[]>] [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

説明
The Update-DPMDiskStorage cmdlet updates properties of a volume in the storage pool on a System Center 2016 ? Data Protection Manager (DPM) server. The cmdlet can be used to update the friendly name and allowed data source types.
 

To get a list of all volumes in the DPM storage pool, use the Get-DPMDiskStorage cmdlet with the Volumes switch.

パラメーター
-DatasourceType [<VolumeTag[]>]
  Specifies list of data source types that can be backed up on the current volume.  The acceptable values for this parameter are:

        -- FileSystem
        -- Client
        -- SQL
        -- SharePoint
        -- Exchange
        -- SystemProtection
        -- HyperV
        -- VMware
        -- Other
        -- All


VMware っていうタイプにびっくりするかもしれませんが、DPM 2012 R2 UR11 からサポートされています。

Announcing VMware VM Backup using System Center Data Protection Manager
[URL] https://blogs.technet.microsoft.com/dpm/2016/08/26/announcing-vmware-vm-backup-using-system-center-data-protection-manager/

でも、DPM 2016 はまだ対応していないみたい。この他、DPM 2016 のデータベースとして SQL Server 2016 がサポートされていないこと、Exchange Server 2016 と SQL Server 2016 のバックアップの公式サポートもまだなど現時点では制約が多いので要注意。

DPM 2016 - VMWare Backup / Exchange 2016 ???
[URL] https://social.technet.microsoft.com/Forums/en-US/65b5864d-961d-4e6a-b8d3-4f0a7e7cff91/dpm-2016-vmware-backup-exchange-2016-?forum=dataprotectionmanager 

Exchange 2016 can be protected today (it's not blocked) using DPM 2016 but as noted it's not officially supported. 
Both of those features are in the pipeline to be added to DPM 2016.  They will be added as part of a future update rollup but don't have the exact timeframe.  
SQL Server Version Compatibility for System Center 2016
[URL] https://technet.microsoft.com/en-us/system-center-docs/system-requirements/sql-server-version-compatibility

Support for Exchange and SQL 2016
[URL] https://social.technet.microsoft.com/Forums/en-US/3ed2776e-74c6-4a52-850e-27d55d9c69d4/support-for-exchange-and-sql-2016?forum=dataprotectionmanager

We are working on adding support for Exchange 2016 and SQL 2016 in DPM 2016.  In the meantime, as noted you can use DPM 2012 R2 to protect an Exchange 2016 server.  As a workaround to protect SQL Server 2016, you can make a SQL maintenance plan to schedule a local backup to a folder, then have DPM protect the folder.  Not exactly the best option, but maybe good enough until which time DPM 2016 adds formal support for all SQL 2016 configurations.
SQL Server support for System Center 2016 Data Protection Manager  
[URL] https://support.microsoft.com/en-us/kb/3195291?sd=rss&spid=9765

Microsoft SQL Server 2016 is not supported. 

あと、DPM 2016 は Windows Server 2012/2012 R2 にインストールできるけど、Windows Server 2016 には DPM 2012 R2 以前はインストールできない (=DPM 2016 しかインストールできない) ということにも注意。DPM 2012 R2 の前提コンポーネントである SIS-Limitted 機能が Windows Server 2016 からは削除されたから(だと思う)。

以上


0 件のコメント: