2015/05/28

お勧め: Windows Server & System Center Technical Preview 2 評価ガイド


de:code 2015 で紹介されてたと思いますが (私は参加していないのでわかりませんが)、Windows Server Technical Preview 2 と System Center Technical Preview 2 の評価ガイドが公開されています。

Windows Server & System Center Technical Preview 2 評価ガイド (Word、10.5 MB)
[URL] https://technet.microsoft.com/ja-jp/virtualization/dd297510#sec01


前作 (↓) より 50%増量の全 149 ページ。Nano Server のインストール方法も付録に掲載。プレ リリース版の情報に付き、今後、内容が実際と違ってくることもあるのでご了承ください。


これに入れるのをすっかり忘れていましたが、Windows Server Technical Preview 1 にはなくて Technical Preview 2 で実装された DNS ポリシーは、Windows PowerShell で管理します。詳しくは、以下の公式ブログで。

Networking Blog > Split-Brain DNS Deployment Using Windows DNS Server Policies
[URL] http://blogs.technet.com/b/networking/archive/2015/05/12/split-brain-dns-deployment-using-windows-dns-server-policies.aspx


訂正情報:
p145 に 余計な 1 行入っていました。bcdedit /store S:\boot\bcd で BCD の確認をって感じだったんですけど、bcdedit が bcdboot と誤っているので行ごと削除。お詫びして訂正します。

X:\Sources> bcdboot /store S:\boot\bcd

関連:
お勧め: Windows Server & System Center Technical Preview 評価ガイド (2014/12/26)

2015/05/27

Windows 10 Insider Preview > 自動更新をさせないとか、新しいビルドをスキップするとか

Windows 10 Insider Preview は更新プログラムのインストール オプションとして[自動(推奨)]と[再起動の日時を設定するように通知する]の 2 つしか選択できません。また、プレビュー ビルドのインストール方法として Slow または Fast のいずれかの Ring を選択できますが、新しいプレビュー ビルドをインストールしないという選択がありません。

これらはプレビュー ビルドに課せられた制約ですが、ちょっと抵抗してみたいと思います。

2015/05/25

Technical Preview 2 > Nano Server の Hyper-V ゲストとしての対応状況

Windows Server Technical Preview 2 の Nano Server には、Hyper-V ゲスト用のパッケージ Microsoft-NanoServer-Guest-Package.cab が付属していますが、これの機能についてメモ。

2015/05/23

Linux Integration Srevices 4.0.7 が出てた

RHEL 5.5~7.1、CentOS 5.5~7.1、Oracle Linux (RHEL Compati) 6.4~7.0 向けに Linux Integration Services (Linux IS) v4.0.7 が公開されています。

Linux Integration Services Version 4.0 for Hyper-V (Version: 4.0.7 Date Published: 4/27/2015)
[URL] https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=46842

まだ試してませんが、ビルトインのドライバーを最新のに置き換えるフル機能版って感じRHEL/CentOS/Oracle Linux の最新の 7.1 なら機能的に同じみたい。それを 7.0 以前にもってこと。これ入れちゃうと、カーネル アップデート時に元のビルトイン ドライバーに戻っちゃうでしょうから気を付けないとね。

CentOS and Red Hat Enterprise Linux virtual machines on Hyper-V
[URL] https://technet.microsoft.com/en-us/library/dn531026.aspx
Oracle Linux virtual machines on Hyper-V
[URL] https://technet.microsoft.com/en-us/library/dn609828.aspx


RHEL 7.0 に入れてみました。

2015/05/22

Hyper-V 仮想マシンの COM ポートに PuTTY を直結する方法

以前、TeraTerm と Named Pipe TCP Proxy Utility を利用して、Hyper-V 仮想マシンの Chttp://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/download.html) なら名前付きパイプに直接接続できました。ポイントは、PuTTY.exe を管理者として実行すること。UAC が有効だと管理者に昇格しなければ、ローカルの名前付きパイプに接続できないみたいです。

2015/05/20

Technical Preview 2 > RSAT for Windows 10 あるよ

Windows 10 Insider Preview (ビルド 10074) からの Windows Server Technical Preview 2 (ビルド 10074) のリモート管理のための Remote Server Administration Tools (RSAT) for Windows 10 は、以下の Jan 2015 版 (KB2693643) でいいらしい。

Remote Server Administration Tools for Windows 10 Technical Preview (January 2015) 
[URL]  https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=45520

ただし、RSAT for Windows 10 は英語版のみの提供。日本語版の Windows 10 Insider Preview にインストールする場合は、更新プログラム KB2693643 をインストールする前に 英語(米国) : English (United States) の言語パックを追加しておくこと。でないと、管理ツールが追加されないです。

Hyper-V マネージャーと IIS 10 マネージャーは Windows 10 Insider Preview に付属のものを使うので、日本語で操作できまっする。

6/12追記) ビルド10022では使用できないそうです。
It does not run on the May 2015 release of Windows 10 Insider Preview, build number 10122. An RSAT package will be available shortly after Windows 10 RTM.

2015/05/18

Technical Preview 2 > Windows 10 Insider Preview で VDI は成功

Windows Server Technical Preview 2 のリリース ノートに、“RDS の VDI で Windows 10 ゲストを使えないから、Windows 8.1 ゲストで評価してねって” のようなこと書いてますが...

Release Notes: Important Issues in Windows Server Technical Preview 2
[URL]  https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn765470.aspx
Remote Desktop Services
If you attempt to deploy Windows 10® Technical Preview as a guest operating system in a Virtual Desktop Infrastructure (VDI), Sysprep.exe fails with error 0x87af0005. There is no workaround at this time, so evaluate VDI scenarios using Windows 8.1 as the guest operating system.
Windows 10 Enterprise Insider Preview (Build 10074) でもできるるよ!

2015/05/16

Windows 10 Build 10074 の Sysprep で致命的なエラーの件

Windows 10 Enterprise Insider Preview Build 10074 の Hyper-V 用仮想マシン テンプレートを作ろうと、Sysprep を実行したのですが、「コンピューターの sysprep を実行中に致命的なエラーが発生しました。」となってまたまた失敗。ビルドが変わるたびに、別の原因で Sysprep エラーが発生するのはホントどうにかしてほしい。

[暫定情報] Windows 10 Build 9926 の Sysprep で致命的なエラーの件 (2015/01/25)
 

解決策は、TechNet の Windows 10 Insider Preview Forum にありました。

sysprep fails on FBL_Impressive Enterprise Build 10074
[URL] https://social.technet.microsoft.com/Forums/en-US/42bc7328-883d-4eaf-83e2-476e6b5a25f2/sysprep-fails-on-fblimpressive-enterprise-build-10074?forum=WinPreview2014Setup 

私が成功した方法をまとめると...

Technical Preview 2 > Hyper-V 仮想マシンをバックアップしたら消せないチェックポイントが...

Windows Server Technical Preview 2 の Hyper-V 環境で、 Windows Server Backup による仮想マシンのバックアップを試していたら、仮想マシンに見慣れないチェックポイントが作成されていました。

5/18 追記: 仮想マシンに共有ドライブが設定されていると作成されるっぽい

仮想マシンのバックアップとリカバリに何かしら関係するチェックポイントなんでしょうが、今回はバックアップを試してみただけ。なんか気持ち悪いので、見慣れないチェックポイントを削除しようとしましたが、消せないやつが出てきました。どうしましょう...

2015/05/11

Technical Preview 2 > Server Core to MinShell が 68% (0x800f081f) で失敗する問題 (未解決)

Windows Server Technical Preview 2 のインストール オプションからはGUI 使用サーバーのオプションが削除されました。

インストール オプションの Windows Server Technical Preview 2 オプションは従来の Server Core インストールで、Windows Server Technical Preview 2 (with admin tools) オプションは MinShell や最小サーバー インターフェイスと呼ばれていた Server Core インストール+Server-Gui-Mgmt-Infra な環境。

で、Server Core から MinShell や GUI 使用サーバーな環境への切り替えが 68% (0x800f081f)  くらいで失敗する問題の件です。

2015/05/08

Technical Preview 2 > Configuration Manager でクライアント展開できない問題など

もはやライフワークと化した、System Center 全部インストールチャレンジ。

System Center 2016 の新しい Technical Preview を評価しようと、各コンポーントのインストールをしていますが、はまりポイントをメモ。

Configuration Manager でクライアントをプッシュ インストールしても、待てど暮らせどクライアントになってくれない問題。Virtual Machine Manager への Hyper-V ホスト追加が失敗する問題など...

2015/05/07

山市良版 Getting Started with Nano Server

Windows Server Technical Preview 2 で登場した Nano Server ですが、私流の成功したインストール例をば...

詳細な手順は、以下で公開されていますが、Unattend.xml がエラーになる。コピーするべきファイルのワイルドカードが足りないなと、ミスがいくつかあるようです。詳しい説明なしに WIM を VHD に変換しているのもいただけない。

Getting Started with Nano Server
[URL] https://technet.microsoft.com/en-us/library/mt126167.aspx

※ Updated: May 8, 2015 でちゃんと動く Unattend.xml に修正されたみたい。

というわけで、応答ファイル (unattend.xml) を使用しないでの構成が成功した手順を忘れないうちにメモ。(5/9 追記: ちょっとミスがあったので修正しました)

2015/05/05

Windows Server and System Center Tecnical Preview 2

Technical Preview 2 出ましたね。Azure の Windows Server Tecnical Prevew イメージも Technical Preview 2 に入れ替わりました。今回の System Center は Configuration Manager と Endpoint Protection もあり。

Windows Server Technical Preview 2
[URL] https://www.microsoft.com/en-us/evalcenter/evaluate-windows-server-technical-preview
System Center Technical Preview
[URL] https://www.microsoft.com/en-us/evalcenter/evaluate-system-center-technical-preview
System Center Configuration Manager and Endpoint Protection Technical Preview
[URL] https://www.microsoft.com/en-us/evalcenter/evaluate-system-center-configuration-manager-and-endpoint-protection-technical-preview


ドキュメントはこちら
Windows Server Technical Preview 2
[URL] https://technet.microsoft.com/en-us/library/mt126143.aspx
System Center Technical Preview 2
[URL] https://technet.microsoft.com/en-us/library/dn997272.aspx
Microsoft System Center Configuration Manager Technical Preview
[URL] https://technet.microsoft.com/library/dn965439.aspx



↑ 噂の Nano Server を Hyper-V 上で動かしてみました。結構苦労します。いろんな操作のコマンドライン操法知らないと大変です。

2015/05/03

Hyper-V and Debian 8.0 (jessie) Guest

Debian 8.0 (jessie) が先月末にリリースされたので、恒例の Hyper-V への対応状況調査...

Debian JP Project
[URL] http://www.debian.or.jp/

Windows 10 Insider Preview 10074 の Hyper-V 環境を作ったばかりなので、せっかくなのでこの環境にインストールしてみました。

2015/05/01

System Center 2012 R2 Update Rollup 6 > VMM が Azure 仮想マシンに対応

Virtual Machine Manager を System Center 2012 R2 Update Rollup 6 に更新し
たら、Azure IaaSの仮想マシンの基本的な管理操作ができるようになってた。

Update Rollup 6 for System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager
[URL] https://support.microsoft.com/en-us/kb/3050317

Add Azure Subscription feature: By using the Add Azure Subscription feature in Update Rollup 6, administrators of Virtual Machine Manager can add Microsoft Azure subscriptions to VMM and perform basic actions on Azure instances in those subscriptions. The feature is included in Virtual Machine Manager in Update Rollup 6 for System Center 2012 R2. For each Azure subscription that you add, you can use a console to see all role instances in all deployment groups in that subscription.