2017/05/23

Windows Sysinternals 更新情報 (2017 年 5 月 23 日) (+新刊PR)

May 22, 2017 付けで、Windows Sysinternals の以下の 2 つのユーティリティと、これらを含む SysinternalsSuite.zip と SysinternalsSuite-Nano.zip (https://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb842062) が更新されています。

Sysmon v6.01 (Mar 13, 2017) → Sysmon v6.02 (May 22, 2017) ・・・ BSoD 関連のバグフィックスなので重要!
SigCheck v2.54 (Aug 29, 2016) → SigCheck v2.55 (May 22, 2017)


Sysinternals Update: Sysmon v6.02, Sigcheck v2.55 ()
[URL] https://blogs.technet.microsoft.com/sysinternals/2017/05/22/sysinternals-update-sysmon-v6-02-sigcheck-v2-55/
<PR>
 
 『Windows Sysinternals 徹底解説 改訂新版』が 6 月 1 日(予定) に出版されます。『Troubleshooting with the Windows Sysinternals Tools, 2nd Edition』 (Mark E. Russinovich, Aaron Margosis, Microsoft Press, Oct 2016) の完全日本語訳です。

de:code 2017 (5/23~24) 参加中の方は、日経 BP ブースで先行発売しているそうです!(de:code 2017 は終了しました)

日本語訳は、2017 年 1 月に利用可能であった Sysinternals Suite (Updated: November 18, 2016)をベースにしており、日本語環境での動作確認を行っています。その後のメジャー アップデートは Sysmon v6.02 (May 22, 2017) と ProcDump v9.0 (May 16, 2017) だけで、大勢に影響はないと思います。詳細は、おいおいと。

日経 BP 社の書籍紹介ページへ目次を見る)][Amazon.co.jp へ

Sysmon は初版のときにはなかったツール。改訂新版では、「第9章 セキュリティのユーティリティ > 9.3 Sysmon」を追加して、詳しく解説しています。原書は Sysmon v3.x ベースですが、改訂新版では脚注(訳注)で Sysmon v5.x におけるイベントの分類の追加やXML構成ファイルバージョンの変更についてカバーしています。 Sysmon v6.x でも同様の変更です。Sysmon は、解説なしでは、有効に使いこなせないツールだと思います。

なお、Sysmon は、Sysinternals の他のツールとは異なり、珍しくインストールするタイプ。過去に使ったことがある場合、ドライバーが残っているかもしれません。%PATH% 内のディレクトリに新バージョンを置いたのに、sysmon のバージョン情報がなんか古い?というときは、確実に新バージョンが実行されるようにして(絶対/相対パス指定またはダウンロードディレクトリから)、sysmon -i (Sysmon のインストール) & sysmon -u (Sysmon のアンインストール)を実行すると、正常化すると思います。現在、Sysmon でログ記録中という場合は、sysmon -c で現在の構成を控え、sysmon -u & sysmon -i & sysmon -c options でアンインストール、インストール、再構成すればよいです。

SigCheck は、VirusTotal による検査機能が追加され、パワーアップ。こちらは、 「第9章 セキュリティのユーティリティ > 9.1 SigCheck」で詳しく解説しています。

2017/05/18

Windows Sysinternals 更新情報 (2017 年 5 月 17 日) (+新刊PR)

May 16, 2017 付けで、Windows Sysinternals の以下の 6 つのユーティリティと、これらを含む SysinternalsSuite.zip と SysinternalsSuite-Nano.zip (https://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb842062) が更新されています。

Autoruns v13.7 (旧) → v13.71 (May 16, 2017)
BgInfo v4.21 (旧) → v4.22 (May 16, 2017)
LiveKd v5.6 (旧) → v5.62 (May 16, 2017)
ProcDump v8.2 (旧) → v9.0 (May 16, 2017)
Process Explorer v16.20 (旧) → v16.21 (May 16, 2017)
Process Monitor  v3.32 (旧) → v3.33 (May 16, 2017)

Sysinternals Update: ProcDump v9, Autoruns v13.71, BgInfo v4.22, LiveKd v5.62, Process Monitor v3.33, Process Explorer v16.21
[URL] https://blogs.technet.microsoft.com/sysinternals/2017/05/16/sysinternals-update-procdump-v9-autoruns-v13-71-bginfo-v4-22-livekd-v5-62-process-monitor-v3-33-process-explorer-v16-21/


<PR>
 
 『Windows Sysinternals 徹底解説 改訂新版』が 6 月 1 日(予定) に出版されます。『Troubleshooting with the Windows Sysinternals Tools, 2nd Edition』 (Mark E. Russinovich, Aaron Margosis, Microsoft Press, Oct 2016) の完全日本語訳です。

日本語訳は、2017 年 1 月に利用可能であった Sysinternals Suite (Updated: November 18, 2016)をベースにしており、日本語環境での動作確認を行っています。その後のメジャー アップデートは Sysmon v6.01 (Mar 13, 2017) と ProcDump v9.0 (May 16, 2017) だけで、大勢に影響はないと思います。詳細は、おいおいと。

日経 BP 社の書籍紹介ページへ目次を見る)][Amazon.co.jp へ


追記)
赤丸新味 改訂新版は 5,940 円(本体 5,500 円+税)と結構なお値段しますが、740ページ(B5変) と結構なボリュームありますし、Amazon 価格だと原書よりお安くなっています。また、日本語訳のKindle 版は、もう少しかかると思います(よく知りません)。


ちなみに、原書の米国での定価は US$ 54.99。為替レートを 112 円だとして、6,000 円超。

というわけで、

日本語訳のほうがお買い得!
しかも日本語(改訂新版だからこなれてる、はず)!
訳者が勝手に追加した脚注(訳注)がすごい(かも)!
来週開催の de:code 2017 では、会場限定の特別価格で先行発売!?(終了しました)


以上、セルフ販促活動でした。


2017/05/17

(PR) 新刊のお知らせ『Windows Sysinternals 徹底解説 改訂新版』

(PR)  『Windows Sysinternals 徹底解説 改訂新版』が 6 月 1 日(予定) に出版されます。

『Troubleshooting with the Windows Sysinternals Tools, 2nd Edition
』 (Microsoft Press, Oct 2016) の完全日本語訳です。詳細は、おいおいと。

Amazon.co.jp での予約受付も開始!(

来週のマイクロソフトのイベント「de:code 2017」(5/23-24)の会場で先行発売(予定)!だそうです。書籍だけイベントに参加します(私は参加しませんけど)(de:code 2017 は終了しました)

(PR)

2017/05/15

WannaCry (MS17-010) 対策状況の超簡易的なチェックツール(無保証)

WannaCry (WannaCrypt) 対策として、MS17-010 のセキュリティ更新プログラムが適用されているかどうかをチェックするバッチを作りました。Windows Server 2003 R2 でしかテストしていませんが、私が間違っていなければ Windows XP SP3 ~ Windows 10 Creators Update を判定できるはず。Windows XP 以降のすべての OS 環境で使える WMIC コマンドのバッチ実行で、対策済みのセキュリティ更新が適用済みであるか単純にチェックしています。

対策済み:

未対策:



実行時の管理者権限不要。コードはこちら。

今どきのWindows Server 2003 R2 の新規インストール(更新エラーと認証エラーの解決)

WannaCryのWindows XP/2003/2003 R2/8向けセキュリティパッチ「KB4012598」が公開されたので、インストールしてみようと思い、Windows Server 2003 R2の環境を新規に作ったら、Windows Updateがエラーになる、ライセンス認証が「メッセージ番号:32777」で失敗するという悲しい状態に。

ライセンス認証の問題は、以下の KB の方法では解決できず。


インターネット経由で Windows Server 2003 のライセンス認証の手続きを行うと "メッセージ番号: 32777" のエラー メッセージが表示される
[URL] https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/816897/


ライセンス認証の問題はインストール後 60 日以内になんとかしないと、ログオンできなくなっちゃいます(認証完了しないとログオフまたは再起動しかできなくなる状態) 。

というわけで、Windows Server 2003 R2 with SP2 のクリーンインストールから最新状態への更新、および WannaCry 対応までの確実なステップなど...

2017/05/13

Windows Server 2016 の 5 月の累積更新に異常あり!(それともなし?)

Windows Server 2016 向けの 5 月の累積的な更新プログラム (KB4019472) は、すんなり成功しない率が高いみたい。何度か失敗してから成功するものがあったり、異様に時間がかかったりするものも。Windows Update の仕事をしている(と思う) Windows Modules Installer Worker の CPU 使用率も異様に高かったり。

今回、私の環境で最もひどかったのは、Azure VM で稼働中の Windows Server 2016。ビルド番号は 14393.447 で Windows Update をさぼっていたものです。

Windows Update がどうやっても完了しないので、SoftwareDistribution をクリアして、.msu を手動でダウンロードしてインストールしました(その方法はこちら 2017年5月の Windows 10 と Office 2016 の定例更新)。

それでも一向に進む気配なし。途中、プログレスバーがワープしますが、1時間経過でこの状態。キャンセルするか、強制終了するか、それとももう少し待つか。遅いだけで動いているとしたら、経験上、あと 1 回か 2 回ワープして、100%のところでもかなり待たされるはず。



Azure のクレジット課金が気になるところですが、今回は続行することに。

2017/05/12

2017 年 4 月以降、Windows 8.1 の Windows Defender 用コマンドレッドが全滅(回避策あり)

Windows 8 以降に標準搭載される Windows Defender にも影響する、Microsoft Malware Protection Engine の重大な脆弱性問題が先日公開されました。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 4022344
Microsoft Malware Protection Engine 用のセキュリティ更新プログラム
[URL] https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/4022344.aspx

Windows Defender 自体の定義の更新と一緒に更新されるので、Windows Update を明示的に実行しなくても、Windows Defender が有効(別の対策ソフトを使っていない場合) なら、定期的な定義の更新で自然と脆弱性は解消されているはずです。気になる人は、Windows Defender のバージョン情報で「エンジンのバージョン:1.1.13704.0」またはそれより新しくなっていれば問題ないです(Windows 10 なら[設定 > 更新とセキュリティ > Windows Defender] でも確認可)。

Windows Defender はWindows 8 以降に搭載され、Windows PowerShell の Defender モジュールも利用可能になっています。Windows 8.1 (Windows 8 は EOS なので省略) や Windows 10 なら、Windows PowerShell を開いて...

PS C:\> Get-MpComputerStatus 
または
PS C:\> (Get-MpComputerStatus).AMEngineVersion

でエンジンのバージョンを確認することができる...はずなのですが、Windows 8.1 でなんとなく実行してみたところ、エラーが発生。しかも、Windows Defender 関連のコマンドレット(Defender モジュール)が全滅状態になっていました。(ここから本題。今回の脆弱性とは別の話)


インターネットで検索してみると...