2014/07/30

System Center 2012 R2 Update Rollup 3

System Center 2012 R2 ユーザーには頭の痛い、Update Rollup (UR) 3 が公開されました。対象は、Data Protection Manager、Operations Manager、Operations Manager の UNIX/Linux 管理パック、Orchestrator、Service Provider Foundation(SPF)、Service Manager、Virtual Machine Manager。

Update Rollup 3 for System Center 2012 R2
[URL] http://support.microsoft.com/kb/2965090


今回の UR3 では、App Controller と Configuration Manager、Endpoint Protection の更新はないみたい。

System Center の UR では毎度のことですが、Microsoft Update による更新だけでは不十分で、コンポーネントによってはエージェントの更新やらSQLスクリプトの実行やら、管理パックのインポートやら、追加の手順が必要になるので、上の KB の中にあるリンクから個々のコンポーネントのKBを参照して、追加のインストール手順を確認のこと。

SQL Server 2012 を使用している場合、オプションの更新として SQL Server 2012 Service Pack (SP) 2 も降ってくるけど、System Center 2012 R2 のコンポーネントの中には、SQL Server 2012 SP2 を正式サポートしていないものもあるのでご注意 。っと、SQL Server 2012 SP2 を選択、更新開始してから気付いた。現状、正式にサポートとなっているのは、Operations Manager と Configuration Manager だけみたい。ちなみに、SQL Server 2014 をサポートしているのは Configuration Manager Cumulative Update (CU) 1 以降だけ。

SQL Server Requirements for System Center 2012 R2
[URL] http://technet.microsoft.com/library/dn281933.aspx

これからこれで大仕事。1 月の UR1、4 月の UR2、そして今月の UR3、 3 ヶ月ごとの大仕事、ちょっとうんざり。

関連:
System Center 2012 R2 Update Rollup 2 (2014/04/24)


作業報告:

2014/07/28

クイック実行 (C2R) の Office 2013 も過去の更新バージョンに戻せる

2014 年 7 月の Office 2013 向けの修正プログラムの 1 つが、悪さをすることがあるらしい。うちには関係なかったけど。

Office 2013 programs crash when using the File tab (Backstage) and the July 8, 2014 update is installed
[URL] http://support.microsoft.com/kb/2987489/en-us?sd=rss&spid=918

MSI 版の Office 2013 (VL や MSDN Subscription の Office 2013 Professional Plus とか)なら、問題の修正プログラムをアンインストールすればいいのですが、自動更新が有効なら常に最新バージョンになるクイック実行 (Click-to-Run: C2R) 版の Office 2013 (ほとんどの個人ユーザーはこっちのはず) の場合、どうするのかなと思っていたら、以前のバージョンに戻す方法があったんですね。知らなかった。

2014/07/25

Windows 8.1 Update で Pro でも「スタート画面の制御」をサポート!?

Windows 8.1 Enterprise には、Windows To Go、AppLocker、DirectAccess、VDI 強化 (RemoteFX vGPU、RemoteFX USB)、モダン アプリのエンタープライズ サイドローディングなどなど、エディション限定の企業向け機能がいろいろとありますが、スタート画面の制御 (Start Screen Control) ってのもあるの知ってました?

Windows 8.1 エディション別機能比較
[URL] http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/enterprise/products-and-technologies/windows-8-1/compare/default.aspx


この機能、グループ ポリシーでスタート画面のレイアウトを制御できるという、Windows 8.1 では Enterprise エディションだけの機能なんですが、Windows 8.1 Update (KB2919355) に更新すると、サポートされていないはずの Windows 8.1 Pro でも、もしかして...?

2014/07/23

メモ: 実行中の WinPE のバージョンは?

実行中の Windows プレインストール環境 (Windows Preinstallation Environment: WinPE) のバージョンを調べる方法。以下のレジストリを見る。通常の Windows には WinPE キーはない。

REG QUERY "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\WinPE" /v Version

最新は Windows 8.1 Update および Windows Server 2012 R2 Update 対応の WinPE 5.1 なり。

2014/07/17

Windows Server 2012 R2 Hyper-V and Debian 7.6 Guest

Debian 7 (wheezy) の 6 回目の更新 Debian 7.6 (http://www.debian.or.jp/) が出ました。Hyper-V 対応状況は Debian 以前と変わらず。たぶん LIS v3.4 相当のままで、進展なしです。


Windows Server 2012 R2 Hyper-V and Debian 7.2 Guest (2013/12/05)

2014/07/14

Windows Apportal ???

Windows 8.x のスタート画面はいろいろとアレですけど、企業向けのソリューションとして Windows Apportal (s?) なるものが発表されました。でも良く分からない。