2014/04/25

Work Folders for Windows 7 RTW!

先月(?)の Workplace Join for Windows 7 に続いて、Work Folders for Windows 7 (Windows 7 用ワーク フォルダー) がリリースされました。

Work Folders for Windows 7 (32 bit) - 日本語
[URL] http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=42559
Work Folders for Windows 7 (64 bit) - 日本語
[URL] http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=42558


Windows Server 2012 R2 ファイル サービスの新機能であるワーク フォルダー (同期共有) のクライアント機能です。

2014/04/24

System Center 2012 R2 Update Rollup 2

Microsoft Update で System Center 2012 R2 Update Rollup 2 (UR2) の配信が開始されました。

単に Microsoft Update で更新するだけじゃあダメなものもあるのでご注意。

Description of Update Rollup 2 for System Center 2012 R2
[URL] http://support.microsoft.com/kb/2932881/

2014/04/23

メモ: Microsoft Virtual Machine Converter 2.0 (続きの続きの続き)

← メモ: Microsoft Virtual Machine Converter 2.0 (続きの続き) の続きになってます。


ESXi ホストから Azure への仮想マシンの V2V 移行は前回までとして、今回は、ESXi ホスト上の Linux 仮想マシン (RHEL 6.5) を Windows Server 2012 R2 Hyper-V に V2V 移行してみました。

メモ: Microsoft Virtual Machine Converter 2.0 (続きの続き)

← メモ: Microsoft Virtual Machine Converter 2.0 (続き) の続きになってます。

Microsoft Azure への VHD のアップロード、Linux 仮想マシンへの対応が行われた Microsoft Virtual Machine Converter 2.0 ですが、前回までのチャレンジでアップロードした VHD が正常でない問題にぶちあたっています。

試しに、変換後の VHD を Azure コマンドライン ツールの csupload.exe (Windows Azure SDK とツールのダウンロード ) を使って手動でアップロードし、マイ ディスクから仮想マシンを作成したら問題なく動きました。ソースの VMware 仮想マシンは問題なかったようです。Microsoft Virtual Machine Converter 2.0 からのアップロードが異常な件は、依然として原因不明。

2014/04/18

Windows Server 2012 R2 Hyper-V and Ubuntu 14.04 LTS Guest

Ubuntu 14.04 LTS (http://www.ubuntu.com/) がリリースされました。ReleaseNotes (https://wiki.ubuntu.com/TrustyTahr/ReleaseNotes) にはさらりとしか書いてませんが、"full support for .... and the Microsoft Hyper-V hypervisor." です。Hyper-V への対応状況は、おそらく以下の投稿で説明した Ubuntu 13.10 と同じ。あっ、14.04 LTS は第 2 世代仮想マシンにも対応です。

Windows Server 2012 R2 Hyper-V and Ubuntu Server 13.10 Guest (2013/11/05)

Ubuntu Desktop 14.04 LTS で確認してみました。

2014/04/17

メモ: Microsoft Virtual Machine Converter 2.0 (続き)

← メモ: Microsoft Virtual Machine Converter 2.0 (追記あり) の続きになってます。

MVMC 2.0 は Windows 7 SP1 上での実行をサポートしていない (詳しくは前回) ようなので、Windows Server 2012 R2 にインストールして再チャレンジ...

2014/04/16

メモ: Microsoft Virtual Machine Converter 2.0 (追記あり)

先日、 Microsoft Virtual Machine Converter (MVMC) 2.0 がリリースされました。

Server & Cloud Blog > Available now: The Microsoft Virtual Machine Converter 2.0
[URL] http://blogs.technet.com/b/server-cloud/archive/2014/04/08/available-now-the-microsoft-virtual-machine-converter-2-0.aspx
Microsoft Download Center > Microsoft Virtual Machine Converter 2.0
[URL] http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=42497

変更点はサポート対象の VMware ESX/ESXi バージョン、変換をサポートする仮想マシンのゲストの Windows バージョン、Linux ゲストの変換サポート、Microsoft Azure 仮想マシンへのアップロード機能、Windows PowerShell 対応など。MVMC 1.0 ではサポートされていた Windows Server 2003 は、MVMC 2.0 ではサポート対象外になってます。また、MVMC 1.0 にあったコマンドライン ツール MVDC.exe と MVMC.exe も廃止。詳しくは、MVMC 2.0 の Administration Guide (.docx) で。

2014年秋には次の MVMC 3.0 がリリースされる予定だそうです。MVMC 3.0 では P2V もできるようになるそうです。→「System Center 2012 R2 > さよならP2V」(2013/10/18)

ESXi 5.1 の RHEL 6.5 仮想マシンを Microsoft Azure 仮想マシンに変換してみました。途中まで。